2022年12月運勢 五黄土星

五黄土星

2022年12月の運勢です。12月は、12月7日12:46~1月5日になります。

12月7日は、暦の上では「大雪」です。
大雪(たいせつ)は、本格的な冬に入る頃のことです。 

そして、12月22日は、冬至です。
「一陽来復」「太陽が蘇る日」ともいわれ、皆が上昇気流に乗っていく日ともいわれています。

冬至の日は、行動を起こすと運気アップに繋がりますので、【12月の日本暦】二十四節気の中に記載しています。
11月7日(月)天赦日|甲子の日|大安 立冬 19:45
それでは、「五黄土星 」の12月の運勢をお届けします。
楽しみながら開運アクションをして、ツキを呼び込んでみてはいかがでしょうか。

五黄土星の皆さまにとって、心楽しい12月でありますように。

ピンク ケーキ パーティー

目次

2022年12月 五黄土星の運勢とポイント
 12月7日12:46~1月5日
(月盤:一白中宮/今月の廻座:南→月破) 

五黄土星が本命星の生まれ年

▼五黄土星が本命星の生まれ年

1932年(昭和7年)
1941年(昭和16年)
1950年(昭和25年)
1959年(昭和34年)
1968年(昭和43年)
1977年(昭和52年)
1986年(昭和61年)
1995年(平成7年)
2004年(平成16年)
2013年(平成25年)


※1月1日~立春(2月3日頃)までは前年生まれとなりますので、「六白金星」をご参照ください。

ホワイト クリスマス 白

12月の運勢のポイント

●12月のポイント●
1.力が湧いてくる
2.注目度がアップする
3.周囲への配慮が運気を安定させる

●12月のラッキーカラー●
レッド

●12月のラッキーフード●
お赤飯、海老

●12月のラッキーアクション●
・ツヤツヤなヘアを目指す
・美術館などアートに触れる機会を持つ

指輪 アクセサリー 宝石


●12月の開運メイク●
華やかさのあるメイクが、開運に繋がります。

マット系よりも、微細なパールが入ったものや、ツヤ感で光を放つようなメイクを意識するといいでしょう。

メイクに関連するアイテム、化粧品やブラシやミラー等に新しい物を取り入れたり、古いものは思い切って処分して買い替えるのも開運アクションです。
好きなブランドの、クリスマスコフレを購入するものいいですね。

ネイルに、「パープル系」のカラーを取り入れるのも有効です。

ネイルは自分の目に常に入るので、ラッキーカラーを取り入れると気分が上がります。
手軽にできる運勢アップ術の1つですよ。

メイク アイシャドウ

12月の吉方位●
大吉(年・月盤ともに吉)


・西北→金運・恋愛運・結婚運アップ
・西南西→家庭運・持続力運アップ

※本命星からみた吉方位となります。
地球 地図 マップ


●12月の吉日カレンダー●


12月6日 (火)大安|巳の日|※不成就日
12月8日 (木)満月(13:08・双子座)
12月12日(月)大安|一粒万倍日
12月13日(火)一粒万倍日
12月15日(木)寅の日
12月18日(日)大安|巳の日
12月22日(木冬至 06:48 |※不成就日
12月23日(金)新月(19:17・山羊座) 
12月24日(土)一粒万倍日
12月25日(日)一粒万倍日
12月27日(火)寅の日
12月28日(水)大安
12月30日(金)巳の日

各吉日の「意味」や「開運アクション」はこちら
◆2022年開運暦 吉日 カレンダー
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-11/
◆2022年恵方参りガイド
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-12/
◆2022年甲子の日の過ごし方 開運アクション
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-14/
◆2022年己巳の日の過ごし方 開運アクション
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-15/
◆2022年土用期間の過ごし方 開運アクション
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-16/
◆2022年 陽遁始め隠遁始め 運気の流れにのる過ごし方
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-13/


ノート メモ ペン

これらは、本命星のみの運勢です。
鑑定では、あなただけの運勢、最大吉方位や効果的な活かし方、開運アクション他をお伝えいたします。
講座 レッスン パソコン

全体運

スポットライトが当たる月

2022年12月の五黄土星の全体運は、今までの努力や功績が評価され、スポットライトが当たるような月運です。
集中力と気力がアップし、力が湧いてくるでしょう。

周囲からの注目度が上がる月でもありますので、清潔感のある身だしなみと、いつもより華やかさを意識した装いで外出しましょう。

キラキラしたものをどこかに身につけるのもおすすめです。
男性は、ベルトなどのバックルや鞄の金属部分などをピカピカに磨くといいですよ。

本を沢山読んだり、スキルアップのために勉強するのも良いタイミングです。
師走は何かとせわしくなりがちですが、知識の吸収を意識するといいでしょう。

クリスマス ホワイト



気をつけておきたいことは、注目されたり、評価されたりして、浮足立っていると、予期せぬことを招きやすくなります。
思うようにならないことがあったとしても、「自己成長に繋がる学び」と捉えるといいでしょう。

また、五黄土星にが当たるときには、陰になる人がいるものです。
脚光を浴びている時ほど、光が当たらない人の気持ちに配慮した行動をとれると、運気は安定します。

そして、手柄を人に譲るくらいの度量があれば、更なる運気アップを望めるでしょう。

その他、離合集散の月でもありますので、五黄土星から離れていく人を後追いしない方がいい時です。

白 ホワイト クリスマス 花

これらは、本命星のみの運勢です。
鑑定では、あなただけの運勢、最大吉方位や効果的な活かし方、開運アクション他をお伝えいたします。
講座 レッスン パソコン

仕事運

五黄土星のパフォーマンスが、発揮される月運です。
努力を重ねてきた方ほど、あなたの仕事ぶりが認められるでしょう。

また、プレゼンや商談などで望む結果を得るために、運気の後押しを受けて、あなたの持ってい能力が、出しやすくなります。

気をつけておきたいことは、自分の業績や手柄をアピールしようと、上司など自分を評価する立場の人の前で、意識的に派手な行動や主張をしすぎると、周囲からは、冷めた目で見られかねませんので、気をつけましょう。

仲間たちとのバランスと、周囲への配慮を忘れなければ、大丈夫です。

12月は、を酷使すると、業務効率が低下しそうです。
「パソコンの長時間利用」「スマホでSNS」「ネットサーフィン」など、気をつけましょう。

時間を決めて一区切りつける、合間に目を閉じて休める、目薬を活用する、などして、労わってくださいね。

今月の開運ご飯は、焼肉です。
大事な仕事の前や、ここぞ!という時、疲れた時など「焼肉」を食べてパワーチャージをしましょう。

パソコン メガネ

対人運

出会い
出会いが増える月運です。
五黄土星にスポットライトが当たるでしょう。

しかし、他の人を差し置いたり、自分中心な行動をすると、せっかくのご縁が遠のいていきますので気をつけてくださいね。

ハート

パートナーがいる人
口論しやすい月運です。
一度始まると、ヒートアップしやすいので気をつけましょう。

また、別れるつもりがない場合は、いくら喧嘩しても、そのような言葉を出さないように意識してくださいね。
今月は、本当にお別れになってしまう可能性があります。

それを避けるには、感情のコントロールです。
パートナー、ご夫婦ともに、穏やかに楽しく過ごすように心がけましょう。
チーズフォンデュやお鍋を囲むと、二人の絆が深まります。

ビジネス
あなたの企画や提案がトントン拍子で受け入れられそうな月運です。

しかし、最後の最後で、まとまらないことがありますので、気を抜かずにいてください。

誠実に対応していれば、大丈夫です。

パソコン ノート ペン メモ

金運


オシャレが気になったり、華やかに着飾りたい気持ちが出てきたりしそうです。
クリスマスやお正月を控え、一層そういう気持ちが強くなってくるでしょう。

今月はオシャレと相性が良い月ですので、自分に似合うもの、そして、いつもより少し華やかに見えるものを購入したり、身につけるといいですね。

見栄を張らない範囲で楽しむのは、吉です。

お金 コイン マネー 時計

健康運

目の疲れが高じると、頭痛に繋がりやすい月運です。
華やかな12月の運気を楽しめるよう、アイケアをしっかりしておきましょう。

冬は、最も目が乾きやすいと感じる季節といわれています。
目薬などと並行して、加湿器をつけたり、コンタクトをしてる方は装着時間を短くしたり、ホットタオルで温めたりなどして、大事な目を予防しましょう。

健康 病院

12月の日本暦 二十四節気

二十四節気とは

二十四節気は、1年(太陽年)を24に分けて季節を表わしたものです。
 ※ 立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒 

最も昼が長い日を夏至、最も昼が短い日を冬至として、さらに、昼と夜の長さが同一の日を春分秋分と据え、それぞれを春夏秋冬の中心に立てて季節を決めた暦です。

もともと古代中国で作られた暦で日本では平安時代頃から使われています。
春秋戦国時代(紀元前770年~紀元前221年)に生まれたといわれています。

古代中国では暦として月の満ち欠けに基づいた「太陰暦」が使われていましたが、季節の間にズレが生じてしまうため、太陽の位置を元に1年を24等分した「二十四節気」や、それをさらに約5日ごとに分けた「七十二侯」が作られ、季節の変化をさらにきめ細かくとらえて農業などに活用していきました。

※二十四節気は、太陽の通り道(黄道) の位置によって算出されるため、毎年同じ日付になるわけではありません。

二十四節気 季節

大雪12月7日 
2021年の大雪(たいせつ)は、12月7日です。
21番目の二十四節気です。

12月7日から、次の二十四節気である冬至の12月22日までの15日間ぐらいを指します。
二十四節気は日付固定ではないので、日付は変動します。

いよいよ冬が本格化するのがこの時期です。
大雪(たいせつ)は、雪が盛んに降りだす頃という意味で、山々の峰は雪をかぶり、平地にも雪が降り積もる時期です。
その字のごとく大雪(おおゆき)になる地域もあります。

新しい年の準備をはじめるのもこの頃から行われます。
12月13日は「正月事始め」(地域によっては12月8日)で、正月を迎える準備を始める日です。
また、この頃から日本にやってくるのが「冬将軍」です。
厳しい寒さを擬人化した言葉ですが、ナポレオンがロシアを侵攻しようとした際に厳寒が原因で敗戦したことからこう表現されるようになりました。

大雪前後の二十四節気の移り変わり
小雪→ 大雪→ 冬至

二十四節気 大雪

冬至12月22日
2021年の冬至(とうじ)は、12月22日です。
冬至は「日短きこと至る(きわまる)」という意味です。

北半球では太陽が1年で最も低い位置にきて、1年で最も昼が短く、夜が長い日です。

また、冬至は太陽の力が一番衰える日と考えられていますが、この日を境に再び力が甦ってくるといわれ、「太陽が生まれ変わる日」と捉えられています。

陰暦の十月に陰が極まり、この冬至で陽へと転じるとされています。
冬至は、「冬至かぼちゃ」「冬至粥」「柚子湯」などで、厄払いや無病息災を願う慣習があります。

冬至前後の二十四節気の移り変わり
 大雪 → 冬至 → 小寒

二十四節気 冬至

冬至の開運アクション

一陽来復
冬至のことを「一陽来復」ともいいます。
一陽来復は、中国の「易経」に出てくる言葉です。

冬至は陰の極みで、翌日から再び衰えていた太陽の力が勢いを増して陽にかえる「陰極まりて陽となる」と考えられてきました。

そのため、「新年がくる」という意味の他に、「陰極まって一陽を生ずる」「万物が蘇る」「災いが続いた後は幸運がやってくる」という意味合いも込められているといわれています。

つまり、この日を境に、太陽のパワーと共に皆が上昇気流にのっていけるという日でもあります。
早稲田の穴八幡宮では、冬至のから節分までの間、一陽来復のお守りが頒布されます。

一陽来復 アマビエ


恵方参り
冬至の日、そしてその日から2~3日、遅くても1週間以内くらいに恵方参りがおすすめです。

誰にでも1年を通して吉の方角で「チャンス知恵勇気」をいただける、ちょっとした作法があるお参りです。

「運とチャンスを掴みたい!」そんな方におススメです。

▼詳しくはこちらをご参考に
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-4/

恵方参りポーズ



柚子湯
柚子の旬は10月~12月です
「一陽来復」の運を呼びこむために、 柚子で身体を清める習慣がありました。
厄払いするための禊(みそぎ)として考えられています。

端午の節供の菖蒲湯も同様ですが、冬が旬の強い香りの柚子には邪気がこないという考えがあったのです。

また、冬至は「湯治」、柚子(ゆず)は「融通がきく」、に通じて縁起が良いのです。
「柚子湯に入ると一年間風邪をひかない」といわれるほど、柚子には血行を促進して冷え性をやわらげる効果があります。

ゆず 柚子湯 ゆず湯

冬至粥とかぼちゃ
冬至に食べるものとして親しまれているのが、「冬至粥」と「かぼちゃ」です。

冬至粥は小豆を入れたおかゆのことです。
小豆の赤い色が魔除けの色(太陽を意味)で、冬至に食べて邪気祓いをします。

かぼちゃは栄養価が高く、冬至に食べると風邪を引かないといわれています。

運盛り(うんもり)
冬至の言い伝えとして食材の最後の一文字が「ん」で終わるものをを食べると運が呼び込めるといわれています。

かぼちゃのの別名は「南京(なんきん)」です。やはり、「ん」がついています。

★「ん」のつく食べ物★
みかん、にんじん、大根、れんこん、ぎんなん、きんかん、うどん、はんぺん、かんてん、など。
「ん」のつくものを運盛り といって縁起をかついでいたのです。

地方によっては、7種類食べると幸せになる、という言い伝えがあるそうです。
また、「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には一陽来復の願いが込められているとされています。

かぼちゃ カボチャ

冬至の行事は昔からいろいろな慣習があります。
「無病息災」「邪気払い」「人生を良い方向へ転ずる願い」など、心身を清めて浄化をし、英気を養う大切な日として過ごしてみてはいかがでしょうか。

旬の食べ物でパワーアップ

旬の食べ物には、その季節のパワーがぎゅっと凝縮されています。

その時々で、季節に合ったのものをいただくということは、体や心が豊かになり、その季節の(エネルギー)が補充されて、みるみる英気が養えます。

そして、英気を養った身体は
良い(エネルギー)で満たされ、
心身がパワーアップし、
運気を活かしやすくなることに繋がるのです。

旬の食べ物をいただいて、運気アップにお役立ていただければ幸いです。

◆12月の旬の魚は、 鯖、鰤、赤カレイ、金目鯛 等●です。

金目鯛 鯛 魚

◆12月の旬の野菜は、● かぼちゃ、ネギ、ニンジン、大根 等●です。

大根


◆ 12月の旬の果物みかん、イチゴ、ブンタン、西洋梨 等●です。
炭酸 ドリンク イチゴ マカロン

旬の食材には、その時期の体が必要とする成分など、嬉しい効果を持っていて、旨みが濃く、栄養成分が豊富なのが特徴です。


また、季節ごとの体調変化に応じ、体のバランスを整える作用を持っています。

初物七十五日」ということばがありますが、これは、“初物を食べれば75日長生きできる” という意味です。

初物とは、実りの時期に初めて収穫された農作物や、シーズンを迎え初めて獲れた魚介類などのことをいいます。

初物には生気がみなぎっていて、食べると「新たな生命力を得られる」と考えられていました。
その昔は、初物を最初に口にできるのは朝廷や有力な武家のみだったそうです。

日本は海に囲まれていて自然が豊かなうえに、春夏秋冬の四季があるので、収穫される食材も豊富にあります。

旬の食べ物を意識して、上手に運気の波を乗りこなす体力をつけてみてはいかがでしょうか。

その他の九星 2022年12月の運勢●

◆2022年12月の運勢 一白水星
https://pluskigaku.com/unsei/unsei-167/
◆2022年1月の運勢 二黒土星
https://pluskigaku.com/unsei/unsei-168/
◆2022年1月の運勢 三碧木星

https://pluskigaku.com/unsei/unsei-169/
◆2022年1月の運勢 四緑木星
https://pluskigaku.com/unsei/unsei-170/
◆2022年1月の運勢 五黄土星
https://pluskigaku.com/unsei/unsei-171/
◆2022年1月の運勢 六白金星

https://pluskigaku.com/unsei/unsei-172/
◆2022年1月の運勢 七赤金星

https://pluskigaku.com/unsei/unsei-173/
◆2022年1月の運勢 八白土星

https://pluskigaku.com/unsei/unsei-174/
◆2022年1月の運勢 九紫火星

https://pluskigaku.com/unsei/unsei-175/

◆Profile
https://pluskigaku.com/profile/
◆SNS
https://instabio.cc/2111506HR1m
◆鑑定依頼について
https://pluskigaku.com/kantei/
◆九星気学Plus⁺講座
https://pluskigaku.com/contact-2/

パソコン ノート 講座 レッスン