2023年1月運勢 一白水星

一白水星 運勢

2023年1月の運勢です。1月は、1月6日00:05~2月3日になります。

1月6日は、暦の上では「小寒」です。
小寒(しょうかん)は、「寒の入り」といわれ、寒風と降雪で冬本番、寒さが一層厳しくなる頃です。 

また、1月5日と1月6日は、陽遁・陰遁切替日で、氣が大きく動くときです。
恵方参りなど行動を起こすと運気アップに繋がります。
※1月6日は、Special開運Day
1月6日(金)天赦日|一粒万倍日|甲子の日|陽遁・陰遁切替日

また、今月は、冬の土用があります。
土用期間は、1月17日~2月4日です。
やりたい事や、しなければならない事などがありましたら、土用期間前に済ませておくとベターです。
陽遁・陰遁切替日」「恵方参り」「冬の土用」は、後部【1月の日本暦】二十四節気に併せて記載しています。
11月7日(月)天赦日|甲子の日|大安 立冬 19:45
それでは、「一白水星 」の1月の運勢をお届けします。
楽しみながら開運アクションをして、ツキを呼び込んでみてはいかがでしょうか。

一白水星の皆さまにとって、心豊かな1月でありますように。

2023 うさぎ

目次

2023年1月 一白水星の運勢とポイント
 1月6日00:05~2月3日
(月盤:九紫中宮/今月の廻座:西北) 

一白水星が本命星の生まれ年

▼一白水星が本命星の生まれ年

1936年(昭和11年)
1945年(昭和20年)
1954年(昭和29年)
1963年(昭和38年)
1972年(昭和47年)
1981年(昭和56年)
1990年(平成2年)
1999年(平成11年)
2008年(平成20年)
2017年(平成29年)


※1月1日~立春(2月3日頃)までは
前年生まれとなりますので、「二黒土星」をご参照ください。


うさぎ 正月

1月の運勢のポイント

●1月のポイント●
1.忙しくも充実して過ごせる
2.頼りにされたら精一杯応える
3.誰に対しても公平なスタンス

●1月のラッキーカラー●
ゴールド

●1月のラッキーフード●
いなり寿司、みかん

●1月のラッキーアクション●
・神社仏閣へ参拝に行く
・貴金属を身につける

指輪 アクセサリー 宝石


●1月の開運メイク●
上品なメイクが、開運に繋がります。

多色なカラーでメイクにアクセントをつけるよりも、内側から輝くようなツヤ感のある肌で華やかさが出るようにするといいでしょう。

目尻、眉尻、など締めるところはダーク系のカラーで締めて、それ以外のパーツは、本来の肌の質感が綺麗に見えるようにすると、品の良いメイクに仕上がります。

メイク前に、シートマスクなどを活用すると、薄づきでもノリのいい、ツヤやかな肌に導いてくれます。

ネイルに、「シルバー系」のカラーを取り入れるのも有効です。

ネイルは自分の目に常に入るので、ラッキーカラーを取り入れると気分が上がります。
手軽にできる運勢アップ術の1つですよ。

メイク アイシャドウ

1月の吉方位●
大吉(年・月盤ともに吉)


・東→健康運・スタート運アップ

※本命星からみた吉方位となります。
地球 地図 マップ


●1月の吉日カレンダー●


1月5日(木)一粒万倍日|※不成就日|陽遁・陰遁切替日
1月6日(金)天赦日一粒万倍日甲子の日|陽遁・陰遁切替日
1月7日(土)満月(08:08・蟹座)
1月8日(日)寅の日
1月9日(月)一粒万倍|大安|
1月11日(水)己巳の日
1月18日(水)一粒万倍日
1月20日(金)寅の日
1月21日(土)一粒万倍日|大安|※不成就日
1月22日(日)新月(05:53・水瓶座)
1月23日(月)巳の日
1月30日(月)一粒万倍日

※大安は他の吉日と重なった時のみ表記しています。

………………………………………………………………………………
Special開運Day
1月6日(金)天赦日|一粒万倍日|甲子の日|陽遁・陰遁切替日
………………………………………………………………………………

各吉日の「意味」や「開運アクション」はこちら
◆2023年吉日カレンダー 最強開運日ほか
https://pluskigaku.com/kaiun/kain/
◆2023年陽遁始め隠遁始め過ごし方と開運アクション
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-22/
◆甲子の日の過ごし方 開運アクション
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-23/
◆己巳の日の過ごし方 開運アクション
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-24/
◆土用期間過ごし方と開運アクション
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-25/
◆2023年恵方参りガイド
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-26/

ノート メモ ペン

これらは、本命星のみの運勢です。
鑑定では、あなただけの運勢、最大吉方位や効果的な活かし方、開運アクション他をお伝えいたします。
講座 レッスン パソコン

全体運

高運気!結果が表れてくる月

2023年1月の一白水星の全体運は、高運気に入ります。

今月は、集中力が高まり、頭が冴え、仕事もプライベートも生き生きとこなせそうです。
忙しくなりそうですが、充実した一ヶ月になるでしょう。

そんな中、今月は、今年(2022年2月4日~2023年2月3日)がんばってきた事の結果が、形となって表れてくる月となります。

努力をしてきた方は、上司や周囲から評価をされたり、昇進やランクアップのオファーがあったりなど、目に見える形で表れてくるでしょう。

それは、仕事以外でも同じです。

人それぞれ、状況や環境によって大小さまざまではありますが、なにかしらの評価を得られた方は、今年がんばりましたね、という天からのサインとして受け止め、がんばってきた自分を労わってください。

この高運気の中で、特に何も変わらないという方は、もう少し努力を重ねる必要があるか、努力の方向性が正しいのかを検討するタイミング、という風に受け止め、今までの在り方を見直してください。

ここでふてくされることなく地道に努力をしていけば、次の高運気がやってきたときには、良い結果へと結びつくようになっていくでしょう。

2023 うさぎ 2023



仕事運

仕事運も高運気です。

的確に優先順位をつけ、スピード感をもって仕事をこなしていけるでしょう。
そんなあなたを、周囲は頼もしく思うはずです。

頼りにされることがあったら、精一杯応えましょう。
あなたの人望に周囲は魅了されていきます。

その他、誰に対しても公平なスタンスでいることが大切です。
人の好き・嫌いはなるべく表に出さないこと、また、独断専行せずに、周囲と協力しながらやっていくことを心がけると、安定した高運気の恩恵を受けられるでしょう。

今月の開運ご飯は、天ぷらです。
大事な仕事の前や、ここぞ!という時、疲れた時など「天ぷら」を食べてパワーチャージをしましょう。

パソコン メガネ

対人運

出会い
仕事関係の方やその経由での出会い、また、目上の方からの紹介に良いご縁が期待できます。

ハート

パートナーがいる人
仕事が忙しくなりそうです。
コミュニケーション不足にならないよう、意識して過ごすといいでしょう。

神社などへの参拝や、吉方位の温泉でくつろぐ、スポーツで汗を流す、などを一緒に行うと、二人の絆が深まります。

ビジネス
誠実に対応してきた方ほど、成果を得やすいタイミングです。
人事を尽くして天命を待てば、良い結果が得られるでしょう。

パソコン ノート ペン メモ

好調な金運です。

1月は、庶民的なものよりも、高級品と縁があります。
以前から考えていたものがあれば、思い切って購入するといいでしょう。

また、仕事で使うアイテムを購入するのに良いタイミングです。
いつもより、ちょっと良い品物を選ぶと運がつきます。

その他、金融商品と相性が良い月ですので、それらを調べたり、勉強したりすると、良い情報に恵まれるでしょう。

お金 コイン マネー 時計

健康運

基本的に、健康で過ごせる月運です。

朝と、夜眠る前に、深呼吸を意識して行う習慣をつけると一層良いでしょう。

健康 病院

1月の日本暦 二十四節気

二十四節気とは

二十四節気は、1年(太陽年)を24に分けて季節を表わしたものです。
 ※ 立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒 

最も昼が長い日を夏至、最も昼が短い日を冬至として、さらに、昼と夜の長さが同一の日を春分秋分と据え、それぞれを春夏秋冬の中心に立てて季節を決めた暦です。

もともと古代中国で作られた暦で日本では平安時代頃から使われています。
春秋戦国時代(紀元前770年~紀元前221年)に生まれたといわれています。

古代中国では暦として月の満ち欠けに基づいた「太陰暦」が使われていましたが、季節の間にズレが生じてしまうため、太陽の位置を元に1年を24等分した「二十四節気」や、それをさらに約5日ごとに分けた「七十二侯」が作られ、季節の変化をさらにきめ細かくとらえて農業などに活用していきました。

※二十四節気は、太陽の通り道(黄道) の位置によって算出されるため、毎年同じ日付になるわけではありません。

二十四節気 季節

小寒1月7日 

一年の始めの二十四節気「小寒(しょうかん)」です。
本格的な冬の寒さが訪れる時期です。

小寒から節分までを「寒(かん)」といい、小寒に入る日を「寒の入り」ともいいます。
暦のうえでは冬の寒さが一番厳しい時期で、寒中水泳や寒稽古が行われるのはこの「寒」の時期です。
新年の挨拶状は、この日を過ぎたら「寒中お見舞い」になります。
小寒から節分までの30日間のことを「寒の内」といいます。
寒が明けるといよいよ「立春」になります。

ちなみに、1月のことをいう「睦月(むつき)」とは、「親類や知人が仲睦まじく集う月」であることから、そういわれるようになったという説があります。

七草粥
1月7日は「七草粥」の日です。
昔から、邪気から身体を守るための行事食として親しまれてきました。

この日(できれば朝食)は、七草を入れたお粥をいただきます。
「春の七草」と呼ばれる野草は、
セリナズナゴギョウハコベホトケノザスズナスズシロの七種です。
七草の若芽から生命力を得て、無病息災と長寿を願います。

鏡開き
1月11日は「鏡開き」の日です。
お正月に丸いお餅を重ねたお飾りのお餅(年神さまが滞在していた依り代=居場所の鏡餅)をいただく日です。

お供えしていた鏡餅をおろし、お雑煮やお汁粉にして食べることで、霊力をお分かちいただき、一家の円満と繁栄を願う行事です。

鏡開きは、「切る」という忌み言葉を避けて、末広がりの意味を持つ「開く」という縁起の良い言葉に置き換えています。

また、「鏡餅」の「鏡」とは、昔、神事などに使われた丸い鏡の形に似ていたことから、その名がついたといういわれがあります。

そして、頂く際は、包丁などの刀で餅を切るのは縁起がよくないとされていて、木槌で叩くなどして割って頂くようにします。

小寒前後の二十四節気の移り変わり
冬至→ 小寒→ 大寒
小寒 二十四節気

大寒 1月20日

大寒は、冬の季節の最後の節気です。
一年で最も寒さが厳しくなる頃です。
小寒から数えて15日目頃(2022年は、1月20日)で、立春までの期間です。
大寒の最後の日が節分で、翌日2月4日が立春です。
これからは、日が次第に長くなり、少しずつ暖かくなっていきます。

三寒四温」という言葉がありますが、厳しい寒い日が3日続くと、その後の4日は暖かくなり、寒さが厳しい中にも少しだけ春の気配を感じられてきます。

寒仕込み
昔から日本では、この寒気を利用して様々な食べ物の仕込みをしてきました。
それは、「寒仕込み」といって、寒気を利用した食べ物(凍り豆腐や寒天などの乾物、醤油や酒や味噌などの発酵食品)を仕込むのに最もよい時期とされています。
特に、この寒の時期に汲んだ水は「寒の水」と呼ばれ、寒さと乾燥のため雑菌が少なく腐りにくいとされ、味噌や醤油を仕込むのに用いられてきました。
 
寒の水
寒の内( 小寒から節分までの30日間 )の間に汲んだ水のこと。
この時期の水は、雑菌が少なく体にも良いとされています。
「寒の水」で作られた、長期保存する酒や味噌や醤油は腐りにくいとされています。
特に、寒の入りから9日目に汲んだ「寒九の水」は薬にもなるといわれるほどです。
これを利用して酒や醤油を作ると最高品質になるそうです。
家庭で手作り味噌を作る方は、この時期に仕込むと良いですよ。

小寒前後の二十四節気の移り変わり
小寒→ 大寒→ 立春
大寒 二十四節気

陽遁・陰遁切替日

九星の回り方が、1月5日/1月6日を境に、毎日の九星が一白水星→二黒土星→三碧木星~というよう昇順していきます。
これは、自然界にの気が満ちていくことを表しています。
これを「陽遁(ようとん)」と呼び、この陽遁が昇順に切り替わる日を陽遁始めの日といいます。

陽遁始めにはおすすめの過ごし方があります。

▼詳しくはこちらをご参考に
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-22/

青空 太陽

恵方参り
冬至の日、そしてその日から2~3日、遅くても1週間以内くらいに恵方参りがおすすめです。

誰にでも1年を通して吉の方角で「チャンス知恵勇気」をいただける、ちょっとした作法があるお参りです。

「運とチャンスを掴みたい!」そんな方におススメです。

▼詳しくはこちらをご参考に
2023年恵方参りガイド
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-26/

恵方参りポーズ

冬の土用

「土用」というと、土用の丑の日に鰻を食べるイメージを持たれる方が多いですが、それだけではなく、土用期間の過ごし方でその後の運勢に大きな変化をもたらすといわれています。
この期間は、いろんな所へ行ったり、新しいことを始めるよりも、養生することで運勢の土台が安定するのです。

実は、「土用を制するものは運を制するといわれるのが土用期間です。
どんなことをしたら良いか、しない方がいいことはあるのか、など、これらを知っておくと運勢に役立ちます。
みんなが動いているから大丈夫、ではなく、土用期間に養生し、運勢の土台をしっかりと固めましょう。

土用の鰻

◆冬の土用期間はいつ?
2023年の冬の土用期間は、1月17日~2月4日丑の方です。

◆冬の土用に食べると良いもの
五行の教えから、冬には夏土用の未の日から「ヒ」のつく食べ物と、冬には夏の色である「赤」の食べ物と、を摂取するとバランスが良くなり、パワーアップできるといわれています。

具体的には、
「ヒのつく食べもの」
→ひじき・ひよこ豆・ひえ・ヒラメ・ヒラマサ・ひなあられ など

「赤い食べもの」
→イチゴ、リンゴ・トマト、エビ・カニ・鮭・鯛・たらこ・赤カブ・小豆・赤とうがらし など

いちご イチゴ 苺 バジル

◆土用期間になるべくしない方がいいこと

●土に関することはしない。
土いじり、畑やガーデニング、また、穴・井戸を掘らない。

●家屋のリフォーム、増改築をしない。
柱を立てたり、橋をかけたりしないことも含まれます。

●大きな契約ごとは出来るだけ避ける。
開業、結婚、結納、転職など。

●引っ越しをしない。
引っ越しの他、新居の購入は土用期間を避けた方がよいでしょう。

●なるべく旅行に行かない。
自分の持っている気を安定させるためには、この期間は遠方や知らない土地に行かない方がいいとされています。
特に、その季節の土用殺は皆さん共通で凶方位となるのでできる限り避けましょう。

●なるべく電化製品を購入しない。
土用期間で購入した電化製品は、壊れやすいといわれています。

▼詳しくはこちら「 土用期間にすると良いこと」間日」方角(土用殺)」他

2023年土用期間過ごし方と開運アクション
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-25/

旬の食べ物でパワーアップ

旬の食べ物には、その季節のパワーがぎゅっと凝縮されています。

その時々で、季節に合ったのものをいただくということは、体や心が豊かになり、その季節の(エネルギー)が補充されて、みるみる英気が養えます。

そして、英気を養った身体は
良い(エネルギー)で満たされ、
心身がパワーアップし、
運気を活かしやすくなることに繋がるのです。

旬の食べ物をいただいて、運気アップにお役立ていただければ幸いです。

◆1月の旬のは、● 鯖、ぶり、真鯛 等●です。

鯖 サバ 魚

◆ 1月の旬の野菜は、 芽キャペツ、大根、春菊 等●です。

大根

◆ 1月の旬の果物は、イチゴ、りんご、キンカン等●です。

いちご 苺 イチゴ

旬の食材には、その時期の体が必要とする成分など、嬉しい効果を持っていて、旨みが濃く、栄養成分が豊富なのが特徴です。


また、季節ごとの体調変化に応じ、体のバランスを整える作用を持っています。

初物七十五日」ということばがありますが、これは、“初物を食べれば75日長生きできる” という意味です。

初物とは、実りの時期に初めて収穫された農作物や、シーズンを迎え初めて獲れた魚介類などのことをいいます。

初物には生気がみなぎっていて、食べると「新たな生命力を得られる」と考えられていました。
その昔は、初物を最初に口にできるのは朝廷や有力な武家のみだったそうです。

日本は海に囲まれていて自然が豊かなうえに、春夏秋冬の四季があるので、収穫される食材も豊富にあります。

旬の食べ物を意識して、上手に運気の波を乗りこなす体力をつけてみてはいかがでしょうか。

◆Profile
https://pluskigaku.com/profile/
◆SNS
https://instabio.cc/2111506HR1m
◆鑑定依頼について
https://pluskigaku.com/kantei/
◆九星気学Plus⁺講座
https://pluskigaku.com/contact-2/

パソコン ノート 講座 レッスン

その他の九星 2023年1月の運勢●

◆2023年1月の運勢 一白水星
https://pluskigaku.com/unsei/unsei-176/

◆2023年1月の運勢 二黒土星

◆2023年1月の運勢 三碧木星


◆2023年1月の運勢 四緑木星

◆2023年1月の運勢 五黄土星

◆2023年1月の運勢 六白金星


◆2023年1月の運勢 七赤金星


◆2023年1月の運勢 八白土星


◆2023年1月の運勢 九紫火星