2022年10月運勢 九紫火星

九紫火星

2022年10月の運勢です。10月は、10月8日16:22~11月6日になります。

10月8日は、暦の上では「寒露」です。

寒露(かんろ)とは、草木に冷たい露がおりる頃のことで、この時期になると朝晩はぐっと冷えるようになります。

そして、10月20日から「秋の土用」です。

土用期間の過ごし方は運気に関わってきますので、【10月の日本暦】二十四節気の中に記載しています。

それでは、「九紫火星 」の10月の運勢をお届けします。
楽しみながら開運アクションをして、ツキを呼び込んでみてはいかがでしょうか。

九紫火星の皆さまにとって、心安らかな10月でありますように。

ブルー 青 花 フラワー

目次

2022年10月 九紫火星の運勢とポイント
 10月8日16:22~11月6日
(月盤:三碧木星/今月の廻座:西南) 

九紫火星が本命星の生まれ年


九紫火星が本命星の生まれ年

1928年(昭和3年)
1937年(昭和12年)
1946年(昭和21年)
1955年(昭和30年)
1964年(昭和39年)
1973年(昭和48年)
1982年(昭和57年)
1991年(平成3年)
2000年(平成12年)
2009年(平成21年)
2018年(平成30年)


※1月1日~立春(2月3日頃)までは前年生まれとなりますので、「一白水星」をご参照ください。


ブルー 青 アロマ オイル

10月の運勢のポイント

●10月のポイント●
1. 周りに花を持たせる
2.年末にかけて運気が右肩上がり
3.女性同士のいざこざは避けて吉

●10月のラッキーカラー●
ブラウン

●10月のラッキーフード●
炊き込みご飯、ピザ

●10月のラッキーアクション●
・ファブリックを秋冬物へ取り替える
・陶器製品を使う

陶器 湯呑 マグカップ

●10月の開運メイク●

明るいトーンのベースメイクが、開運に繋がります。

影に見えやすいそばかすやシミなどは、コンシーラーでナチュラルにカバーすると、肌が明るくみえてきます。

ネイルに、「イエロー系」のカラーを取り入れるのも有効です。

ネイルは自分の目に常に入るので、ラッキーカラーを取り入れると気分が上がります。
手軽にできる運勢アップ術の1つですよ。

メイク アイシャドウ

10月の吉方位●
大吉(年・月盤ともに吉)

なし

吉(月盤のみ吉)
南南東→交渉運・繁栄運アップ
北→人間関係運・結婚、子宝運アップ
北北西→事業運・セレブ運アップ

※2泊3日までの近場の国内旅行程度位
※長期間・長距離にはオススメしません。

※本命星からみた吉方位となります。
地球 地図 マップ


●10月の吉日カレンダー●


10月4日 (火)大安|寅の日|※不成就日
10月5日 (水)一粒万倍日
10月7日 (金)巳の日
10月8日 (土)一粒万倍日
10月10日(月・祝)大安 満月(05:55・牡羊座)
10月11日(火)一粒万倍日
10月16日(日)大安|寅の日
10月19日(水)巳の日
10月20日(木)一粒万倍日|※不成就日
10月22日(土)天赦日|大安
10月23日(日)一粒万倍日
10月25日(火)新月(19:49・蠍座)
10月26日(水)大安
10月28日(金)寅の日|※不成就日
10月31日(月)巳の日

開運Day
10月22日(土)天赦日|大安



各吉日の「意味」や「開運アクション」はこちら
◆2022年開運暦 吉日 カレンダー
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-11/
◆2022年恵方参りガイド
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-12/
◆2022年甲子の日の過ごし方 開運アクション
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-14/
◆2022年己巳の日の過ごし方 開運アクション
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-15/
◆2022年土用期間の過ごし方 開運アクション
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-16/
◆2022年 陽遁始め隠遁始め 運気の流れにのる過ごし方
https://pluskigaku.com/kaiun/kaiun-13/


ノート メモ ペン

全体運

じわじわと運気が上向いていく月

2022年10月の九紫火星の全体運は、少しずつゆるやかに運気が上昇していく月運です。

今月から年末にかけて、九紫火星の運気は、右肩上がりになっていきます。
この期間を有効に使いましょう。

先月は、心身のだるさを感じたり、仕事や人間関係で迷いや悩みが出てきた方も多かったのではないでしょうか。

今月から、その曇りが少しずつとれて、解決する術が見つかったり、また、自分自身がそのことに対して気にならなくなったりなど、良い方へと進み、明るい兆しがでてくるでしょう。

青空 太陽

年末まで右肩上がりの運気の、今月は序盤です。
「下調べ」や、いい意味での「根回し」など、10月は飛躍前の準備を着実に進める時です。

全力疾走前の準備運動段階のような月で、ここでしっかり目標に向かって万全にしておくことが大切です。
そうした努力が次の二か月に活き、望む世界へ羽ばたけるようになるでしょう。

年末まで良い運気を継続していくには、自分のことを主体に考え過ぎずに、人に親切にすることが大事です。

特に、10月は、自分が主役でなはく、周りに花を持たせるような、陰からサポートする役回りに徹することができると運気の貯金になるでしょう。

女性同士のいざこざ、衝突は避けてです。

菊 花 重陽の節句

仕事運

スピードも大切ですが、10月は、仕事の一つ一つを丁寧にこなすことが大事になります。

油断をすると、何気ない仕事でもミステイクしそうな兆しが出ています。

慣れているはずの仕事ほど、慎重に対応しましょう。
同僚に二重チェックを頼むのもいいですね。

いつもと違うことが起きたら、上司や仲間に報告や相談をしましょう。
安易に自身の判断で行うのは、避けたい10月です。

周囲に目配りをして、さりげなくフォローをしたり、相談を受けるようなことがあれば、親身になって対応しましょう。

そうすることが、仕事運を安定しさせていきます。

大事な仕事の前や、ここぞ!という時、疲れた時など「おむすび」を食べてパワーチャージをしましょう。

パソコン メガネ

対人運

出会い
旧友からの紹介や、懐かしい仲間の中に出会いがありそうです。

同期会、同窓会、クラス会など、声がかかったら顔を出してみましょう。

ハート

パートナーがいる人
聞き役に回るといいでしょう。

公園や平原が広がるような場所などに行って、のんびりと過ごすと二人の絆が深まります。
お弁当を持っていくとなお良いですね。

ビジネス
クライアントの要望を吸い上げると良い時です。

その他、万全なサポートが安心感を与え、信頼を得るでしょう。

パソコン ノート ペン メモ

金運

金運は、先月よりも良好です。
ただし、10月は、節約を楽しむと金運アップになっていきますので、暮らしの中で出来ることからやってみるといいでしょう。

例えば、自炊を増やしたり、買い物の回数を減らすと、自然と食費の節約になりそうです。

また、今月は節電月間!と決めて意識して抑えてみるのもいいですね。

その他、地域のリサイクルショップやネットなどで不用品を売って一時的に収入を増やすのもいいでしょう。

いずれにしても、楽しむアクションが金運アップに繋がります。

お金 コイン マネー 時計

健康運

食欲がわき、つい食べ過ぎそうです。
胃腸に負担をかけない程度にしましょう。

女性は、婦人科系に注意をしてください。

健康 病院

10月の日本暦 二十四節気

二十四節気とは

二十四節気は、1年(太陽年)を24に分けて季節を表わしたものです。
 ※ 立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至・小寒・大寒 

最も昼が長い日を夏至、最も昼が短い日を冬至として、さらに、昼と夜の長さが同一の日を春分秋分と据え、それぞれを春夏秋冬の中心に立てて季節を決めた暦です。

もともと古代中国で作られた暦で日本では平安時代頃から使われています。
春秋戦国時代(紀元前770年~紀元前221年)に生まれたといわれています。

古代中国では暦として月の満ち欠けに基づいた「太陰暦」が使われていましたが、季節の間にズレが生じてしまうため、太陽の位置を元に1年を24等分した「二十四節気」や、それをさらに約5日ごとに分けた「七十二侯」が作られ、季節の変化をさらにきめ細かくとらえて農業などに活用していきました。

※二十四節気は、太陽の通り道(黄道) の位置によって算出されるため、毎年同じ日付になるわけではありません。

二十四節気 季節

寒露10月8日 

2022年の寒露(かんろ)は10月8日です。

10月8日から、次の二十四節気の「霜降」の10月23日までの15日間ぐらいを指します。
二十四節気は日付固定ではないので、日付は変動します。

寒露とは、晩夏から初秋にかけて草木に冷たい露がおりる頃のことです。
この時期になると朝晩はぐっと冷えるようになります。 

秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まりです。
露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で、紅葉が濃くなっていきます。

この頃は、大気の状態が安定してきて、空気が澄んだ秋晴れの過ごしやすい日が多くなってきます。
寒露の頃になってくると、夜はも美しく輝いて見えてくるので夜空を見上げてみるのもいいですね。

徐々に、昼が短くなり夜が長くなってくる頃です。
深まる秋に備えて、冬物の衣類などの準備を始めるといいでしょう。

また、朝晩が一段と冷たく感じられる時期のため、毛布や厚手のパジャマを用意して冷え対策の準備をするといいですね。

寒露前後の二十四節気の移り変わり
秋分→ 寒露→ 霜降

寒露 二十四節気


霜降10月23日

2022年の霜降(そうこう)は、10月23日です。

二十四節気でに属する6つの節気の最後が霜降です。
暦の上では、すぐそこまで冬がきています。

「霜降」とは、霜(しも)が降りる頃という意味です。
この時期になると気温がぐっと下がり、今までより寒さが加わって露(空気中の水分)が凍って霜になります。

このひとつ前の節気「寒露(かんろ)」では、寒くても凍っていない露(つゆ)でしたが、霜降では凍って霜になります。
段々と日が短くなっていき、冬に備えて冬支度を始めるのにちょうどいい頃です。

霜降の時期は、昼夜の寒暖差が厳しくなってきて紅葉が見頃を迎えます。
綺麗に色づいた木々を眺めながら自然に癒されリラックスする時間を持ちたいですね。

忙しい毎日に追われている現代人には、自然と触れ合う時間をとることが大切かもしれません。

霜降前後の二十四節気の移り変わり
 寒露 → 霜降 → 立冬

霜降 二十四節気

秋の土用
「土用」というと、土用の丑の日に鰻を食べるイメージを持たれる方が多いですが、それだけではなく、土用期間の過ごし方でその後の運勢に大きな変化をもたらすといわれています。

この期間は、いろんな所へ行ったり、新しいことを始めるよりも、養生することで運勢の土台が安定するのです。

実は、「土用を制するものは運を制する」といわれるのが土用期間です。

どんかなことをしたら良いか、しない方がいいことはあるのか、など、これらを知っておくと運勢に役立ちます。

みんなが動いているから大丈夫、ではなく、土用期間に養生し、運勢の土台をしっかりと固めましょう。

◆秋の土用期間はいつ?
2022年の秋の土用期間は、10月20日~11月7日戌の方です。

土用の鰻


◆秋の土用に食べると良いもの
五行の教えから、 秋には春の色である「」の食べ物と、秋には春土用の辰の日から「」のつく食べ物を摂取するとバランスが良くなり、パワーアップできるといわれています。

具体的には、
青い食べもの」
→サバ・サンマ・イワシ・茄子などです。
秋刀魚 さんま サンマ 魚

のつく食べもの」
→玉ねぎ・高菜・タコ・タイ・太刀魚・タラコ・たくあんなどです。

玉ねぎ タマネギ 野菜



◆土用期間にしない方がいいこと
●土に関することはしない。
土いじり、畑やガーデニング、また、穴・井戸を掘らない。
●家屋のリフォーム、増改築をしない。
柱を立てたり、橋をかけたりしないことも含まれます。
●大きな契約ごとは避ける。
開業、結婚、結納、転職など。
●引っ越しをしない。
引っ越しの他、新居の購入は土用期間を避けた方がよいでしょう。
●なるべく旅行に行かない。
自分の持っている気を安定させるためにはこの期間は遠方や知らない土地に行かない方がいいとされています。
特に、その季節の土用殺は皆さん共通で凶方位となるのでできる限り避けましょう。
●なるべく電化製品を購入しない。
土用期間で購入した電化製品は壊れやすいといわれています。

◆土用期間にすると良いこと
大掃除をして家を綺麗にする。
断捨離をする。
整理整頓をして部屋を綺麗に保つ。
●普段使っている乗り物の定期点検をする。
●季節に応じたお部屋の模様替え衣替えをする。
などです。


▼その他 間日方角(土用殺)など 詳しくは、こちら
https://pluskigaku.com/kaiun/doyou/

旬の食べ物でパワーアップ

旬の食べ物には、その季節のパワーがぎゅっと凝縮されています。

その時々で、季節に合ったのものをいただくということは、体や心が豊かになり、その季節の(エネルギー)が補充されて、みるみる英気が養えます。

そして、英気を養った身体は
良い(エネルギー)で満たされ、
心身がパワーアップし、
運気を活かしやすくなることに繋がるのです。

旬の食べ物をいただいて、運気アップにお役立ていただければ幸いです。

◆10月の旬の魚は、秋刀魚、銀鱈、等●です。

鮭の主な栄養成分の「タンパク質」は消化吸収がよく、また、美肌効果の高い「アスタキチンサン」や、学習能力を高めるDHA・血液さらさら成分のEPAなど現代人必須の「脂肪酸」、ビタミン類を豊富に含んでいます。

鮭は頭から皮まで食べられるスーパーフードといえます。

鮭 サーモン 魚

◆10月の旬の野菜は、キノコ類、キクラゲ、ニンジン、里芋等●です。

王様の松茸をはじめ、しめじ・しいたけ・まいたけ・エリンギなど秋の味覚のキノコ類は栄養パワーがたくさんあります。
疲労回復のビタミンB群・骨や歯を強くするビタミンDの他、人の身体では作れないミネラル(特にカリウム)も多く含んでいます。
このミネラルは、感情をコントロールしたり、高血圧や無気力症、心不全を防ぐ働きが期待できます。
その他、キノコ類に含まれる旨味成分・グアニル酸は血中コレステロールを下げる効果があります。

キノコ マッシュルーム

◆ 10月の旬の果物、リンゴ、無花果、栗、等●です。

柿の実はビタミン類やミネラルなどの栄養を豊富に含んでいて、「柿が赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるように、昔は医者いらずの万能薬として重宝されました。

1個あたりのビタミンC含有量がみかんの3~4倍高いうえに、カロチン(体内でビタミンAへ変わる)を多く含んでいるので、免疫力を強め、風邪や肌荒れを防ぐ働きが期待できます。

ア ルコールデヒドロゲナーという成分 がアルコールの分解を助け、利尿作用のあるカリウムも含んでいるので、二日酔いのときに食べるのもいいですね。

漢方では、カキは冬の乾燥した空気で傷んだ肺を潤し、咳や喘息に効く食薬とされています。

柿 果物 フルーツ

旬の食材には、その時期の体が必要とする成分など、嬉しい効果を持っていて、旨みが濃く、栄養成分が豊富なのが特徴です。


また、季節ごとの体調変化に応じ、体のバランスを整える作用を持っています。

初物七十五日」ということばがありますが、これは、“初物を食べれば75日長生きできる” という意味です。

初物とは、実りの時期に初めて収穫された農作物や、シーズンを迎え初めて獲れた魚介類などのことをいいます。

初物には生気がみなぎっていて、食べると「新たな生命力を得られる」と考えられていました。
その昔は、初物を最初に口にできるのは朝廷や有力な武家のみだったそうです。

日本は海に囲まれていて自然が豊かなうえに、春夏秋冬の四季があるので、収穫される食材も豊富にあります。

旬の食べ物を意識して、上手に運気の波を乗りこなす体力をつけてみてはいかがでしょうか。

その他の九星 2022年10月の運勢●

◆2022年10月の運勢 一白水星
https://pluskigaku.com/unsei/unsei-149/
◆2022年10月の運勢 二黒土星
https://pluskigaku.com/unsei/unsei-150/
◆2022年10月の運勢 三碧木星

https://pluskigaku.com/unsei/unsei-151/
◆2022年10月の運勢 四緑木星
https://pluskigaku.com/unsei/unsei-152/
◆2022年10月の運勢 五黄土星
https://pluskigaku.com/unsei/unsei-153/
◆2022年10月の運勢 六白金星

https://pluskigaku.com/unsei/unsei-154/
◆2022年10月の運勢 七赤金星

https://pluskigaku.com/unsei/unsei-155/
◆2022年10月の運勢 八白土星

https://pluskigaku.com/unsei/unsei-156/
◆2022年10月の運勢 九紫火星

https://pluskigaku.com/unsei/unsei-157/

◆Profile
https://pluskigaku.com/profile/
◆SNS
https://instabio.cc/2111506HR1m
◆鑑定依頼について
https://pluskigaku.com/

本と金のカップ パソコン